表面加工の必要がないデザインを考える〜激安紙袋のポイント〜

HOME>Topics>宣伝効果抜群!激安でショップの紙袋を作ってみよう

宣伝効果抜群!激安でショップの紙袋を作ってみよう

バッグ

店舗アイテムである手提げ袋

手提げ袋は物を売るお店では外すことのできない店舗用品ですよね。手提げ袋はお客さんが物を運びやすいだけではなく、お店の宣伝ができるものとして集客につながるアイテムです。宣伝効果がある手提げ袋にはさまざまな種類がありますが、中でも紙袋タイプの手提げ袋は強度も高く、さまざまなデザインに対応できると多くのお店で使用されています。

バッグ

紙袋を激安で作る方法

紙袋の手提げ袋を作りたい時は使用する紙の素材、手持ち部分の紐、表面加工を決めていく必要があります。表面加工は紙にプリントしたインクが色落ちしないため使用されます。ですがデザイン次第で、表面加工をする必要がなくなります。なので、表面加工をしなくても問題のないデザインを考えてみましょう。他にもさまざまな方法で安くすることは可能なので自然に調べておきましょう。

紙袋で使われる素材の種類

バッグ

未晒クラフト紙

未晒クラフト紙は長いパルプ繊維でできているため、破れにくいといったメリットがあります。なので、米やセメントなどの重いものを運ぶ袋として多く利用されています。未晒クラフト紙は漂白をしていない素材そのものの色でできているので、ナチュラルなイメージを与えてくれます。

コート紙

コート紙は鮮やかな紙袋を作りたい時におすすめと言えます。雑誌の表紙やお菓子のパッケージなどで使用されています。上質紙と言われる紙の上にコート剤を塗ることでコート紙はできます。繊細なデザインをプリントすることができ、写真のプリントすることができます。

晒クラフト紙

未晒クラフト紙を漂白して白くしたものが晒クラフト紙です。白色のためさまざまな業種で使用されています。デザイン次第で赤い紙袋や青の紙袋にすることもできるため、加工によってさまざまな印象にすることができます。加工無しで使用した場合は和風なイメージになります。

広告募集中